動画配信サービス・マンガアプリの詳細はこちら

『海獣の子供』感想&レビュー!これは映画?水族館?プラネタリウム?映像と音楽のアートミュージアム

この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

小学館発行の「月刊IKKI」で連載されていた「海獣の子供」が超豪華キャスト、制作スタッフ陣の手によりアニメ映画になりました!

スポンサーリンク

映画「海獣の子供」の基本情報

あらすじ

光を放ちながら、地球の隅々から集う海の生物たち。 巨大なザトウクジラは“ソング”を奏でながら海底へと消えていく。 <本番>に向けて、海のすべてが移動を始めた―――。 自分の気持ちを言葉にするのが苦手な中学生の琉花は、夏休み初日に部活でチームメイトと問題を起こしてしまう。母親と距離を置いていた彼女は、長い夏の間、学校でも家でも自らの居場所を失うことに。そんな琉花が、父が働いている水族館へと足を運び、両親との思い出の詰まった大水槽に佇んでいた時、目の前で魚たちと一緒に泳ぐ不思議な少年“海”とその兄“空”と出会う。 琉花の父は言った――「彼等は、ジュゴンに育てられたんだ。」 明るく純真無垢な“海”と何もかも見透かしたような怖さを秘めた“空”。琉花は彼らに導かれるように、それまで見たことのなかった不思議な世界に触れていく。三人の出会いをきっかけに、地球上では様々な現象が起こり始める。夜空から光り輝く流星が海へと堕ちた後、海のすべての生き物たちが日本へ移動を始めた。そして、巨大なザトウクジラまでもが現れ、“ソング”とともに海の生き物たちに「祭りの<本番>が近い」ことを伝え始める。 “海と空”が超常現象と関係していると知り、彼等を利用しようとする者。そんな二人を守る海洋学者のジムやアングラード。それぞれの思惑が交錯する人間たちは、生命の謎を解き明かすことができるのか。 “海と空”はどこから来たのか、<本番>とは何か。 これは、琉花が触れた生命(いのち)の物語。

キャスト・スタッフ情報

キャスト

安海琉花:芦田愛菜

:石橋陽彩

:浦上晟周

アングラード:森崎ウィン

安海正明:稲垣吾郎

安海加奈子:蒼井優

先生:渡辺徹

ジム:田中泯

デデ:富司純子

なつみ:誠子

あき:渚

部活仲間:大谷満理奈

部活仲間:門脇実優菜

スタッフ

監督:渡辺歩

原作:五十嵐大介

プロデューサー:田中栄子

キャラクターデザイン:小西賢一

総作画監督:小西賢一

演出:小西賢一

美術監督:木村真二

CGI監督:秋本賢一郎

色彩設計:伊東美由樹

音響監督:笠松広司

音楽:久石譲

主題歌:米津玄師「海の幽霊」

アニメーション制作:STUDIO4℃

本編映像

【6.7公開】 『海獣の子供』 予告2(『Children of the Sea』 Official trailer 2 )

原作コミックス

無料漫画アプリ

無料で使える漫画アプリ「マンガワン」にて今なら無料で原作コミックを読むことができます!

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

海獣の子供 ネタバレありの感想

劇場だからこそ感じる「映像美」と「音楽の美しさ」の融合

本作品はぜひとも音響設備の良い映画館で見て欲しいと感じる作品でした。

予告映像を見た時から感じていましたが映画「海獣の子供」は映像の美しさもさることながらジブリ作品の音楽も手がけている「久石譲氏の劇中音楽が本当に素晴らしい。

海のシーンでも海に生息する生物の描写が原作コミックと同様に非常に細かく、とてもリアルで圧倒されました。もちろん、海中生物だけでなく人間や物の描写もとても細かく細部までこだわりの詰まった作品であると感じました。

それはまるで動く美術館にいるかのような感覚になるかと思います。

物語は難解。だからこそ原作も読んで欲しい

映画「海獣の子供」はすごく哲学的といいますか…一度映像を見ただけではかなり難解に感じる方も多いと思いますし、人によって感想がかなり分かれそう作品だと感じました。

生命…命の誕生が大きなテーマにもなっており、リアルとファンタジーの融合のような…でもそこには命があって宇宙の謎も解き明かしてと「理解」はしなくても良い。ただあるがままに受け入れて欲しいと言われているように私は思えました。

海獣の子供は声を大にして「すっごく面白かったー!!!」というタイプの作品ではありません。

映画を観た人が自分のいままで生きてきた人生から作品の感想を十人十色に感じ、それを自分自身に問いかけるような映画だったと思います。

私は友人に海獣の子供どうだった?面白かった?と聞かれた時、このように応えました。

「あなたに合う映画かはわからないけども私はとても素敵な映画だと感じたし考えさせられた。もし、あなたが作品に少しでも興味があるなら観てきて欲しい。」

原作の漫画でもセリフのないシーンが多く存在しており読者の想像に任せるという印象の強い作品でもありますが、映画と原作漫画それぞれの見せ方や感じさせ方、映画であれば監督の解釈などありますのでぜひ映画を見た方、漫画も気になっている方はぜひ一度、読んでみて下さい

タイトルとURLをコピーしました