動画配信サービス・マンガアプリの詳細はこちら

映画『ザ・ファブル』ネタバレ感想&レビュー!原作好きな人は避けた方が良いかも…

この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

話題の映画「ザ・ファブル」を観てきましたー!

スポンサーリンク

映画「ザ・ファブル」の基本情報

あらすじ

どんな相手でも6秒以内に殺す。
“ファブル(寓話)”と呼ばれる謎の殺し屋(岡田准一)は、裏社会では誰もが「伝説」と恐れ、その存在の真偽さえ訝しがられる男。
“ファブル”を育てあげたボス(佐藤浩市)は、あまりにハイペースで仕事をこなし続ける彼に、ある指令を与える。

「一年間、一般人として普通に暮らせ。休業中に誰かを殺したら、俺がお前を殺す」

ボスには絶対服従の彼は“佐藤アキラ”という偽名を使い、相棒のヨウコ(木村文乃)と兄妹のフリをして大阪の街へ。
ボスのツテで真黒カンパニーの社長=海老原(安田顕)に世話になりながらも、
生まれて初めて、一般社会に溶け込もうと真面目に努力し始める。
毎日ヒマをもてあまし飲み歩くヨウコとは対照的に、ボスからもらったインコを大事に育てたり、アルバイトをしてみたり。
街で偶然出会いバイト先を紹介してくれたミサキ(山本美月)や、バイト先の社長=田高田(佐藤二朗)とも徐々に親しくなっていき、普通の生活を満喫し始めるアキラ。「プロの普通」を目指し精進する日々だったが、周囲はアキラを放ってはおかない。
海老原の弟分で出所したての小島(柳楽優弥)と組織の現幹部=砂川(向井理)の確執、ファブルを伝説のレアキャラのように執拗に追い続ける若き殺し屋=フード(福士蒼汰)などが少しずつ、確実にアキラの穏やかな日常に忍び寄る。

そして事件は起こった――。実はある過去を持つミサキが、拉致されてしまったのだ。
ヨウコと共にミサキの救出に向かうアキラ。そこに「絶対に殺してはいけない」というボスの鉄の指令が立ちふさがった時、アキラは自分のこの並外れた能力が初めて「人を救うこと」に使えるのではないかと気付き始める。
だがそこには想像を絶する強敵と、いくつもの罠が待ち受けていた。
果たしてアキラは「殺さず」の指令を守り通せるのか?
そして平和な毎日は戻ってくるのか……!?

キャスト・スタッフ情報

キャスト

ファブル/佐藤アキラ:岡田准一

佐藤ヨウコ:木村文乃

清水ミサキ:山本美月

フード:福士蒼汰

小島:柳楽優弥

砂川:向井理

コード:木村了

黒塩(クロ):井之脇海

河合ユウキ:藤森慎吾

ジャッカル富岡:宮川大輔

田高田:佐藤二朗

浜田:光石研

海老原:安田顕

ボス:佐藤浩市

幼少期のファブル:南出凌嘉

バー「バッファロー」マスター:六角精児

松沢:粟島瑞丸

鉄板焼き屋「ちっち」店長:モロ師岡

貝沼:好井まさお

古着屋店主:倉本美津留

工場長:藤原光博

スタッフ

監督:江口カン

原作:南勝久

脚本:渡辺雄介

製作:大角正/今村司/藤島ジュリーK./谷和男/有馬一昭/角田真敏/田中祐介/坪内弘樹/和田俊哉/赤座弘一/大鹿紳/小櫻顕/毛利元夫

エグゼクティブプロデューサー:高橋敏弘/伊藤響

企画:吉田繁暁/藤村直人

プロデュース:吉田繁暁/藤村直人

プロデューサー:宇高武志/佐藤満

ラインプロデューサー:毛利達也

撮影:田中一成

照明:三重野聖一郎

録音:反町憲人

美術:小泉博康

装飾:高畠一朗

スタイリスト:伊賀大介

ヘアメイク:中山有紀

編集:和田剛

音楽:グランドファンク

主題歌:レディー・ガガ

ガンエフェクト:納富貴久男

サウンドエフェクト:北田雅也

ファイトコレオグラファー:アラン・フィグラルツ/岡田准一

スタントコーディネーター:富田稔

VFXスーパーバイザー:小坂一順

音楽プロデューサー:茂木英興

スクリプター:吉田純子

キャスティング:北田由利子

監督補:西山太郎

助監督:是安祐

制作担当:栗林直人

本編映像

映画『ザ・ファブル』スペシャルトレーラー(よりドラマチック編)

DVD/Blue-ray/配信/原作コミックス情報

原作コミックス

マンガ配信アプリ

コミックDAYS-オリジナル作品が待てば読める!

コミックDAYS-オリジナル作品が待てば読める!

Kodansha Ltd.無料posted withアプリーチ

映画「ザ・ファブル」ネタバレありの感想

冒頭のアクション・演出は◎のエンタメ映画

どんな敵でも6秒以内に殺す」主人公:ファブルこと佐藤明(演:岡田准一)。

そんなファブルの設定をどのように表現するのかを個人的にとてもわくわくしながら観てきましたがしっかりと動きで相手を仕留めるシーン可視化されていてわかりやすく描かれていたことにとても満足しました。

この手のシーンはただ強いというだけで流されてしまう場合が多いのですが圧倒的な強さの説明をセリフやナレーションなどではなく、しっかりと演出で魅せてくれたところが本当に良かったです。

また、CMでもわざと弱いフリで殴られるシーンが使われていましたが、岡田准一さんの顔芸もジャニーズアイドルというよりもこの方は本当に役者さんだなと思わされました。

ガンファイトのシーンでの動きのキレも素晴らしかったですし、スパイダーマンのように壁を登るシーンもご自身でされたとのことで…岡田准一さん…本当に凄まじい身体能力ですね…

とにかく岡田准一さんのアクションシーンが最高に楽しい映画でした。岡田准一さんのファンの方には絶対おすすめいたします!!

柳楽優弥さんや向井理さんなど、豪華キャスト陣が良い味を出しいてる

柳楽優弥さんが演じている「小島」は15年間刑務所に服役していたキャラクターで、原作漫画の中でも見た目も中身もかなりヤバイ人物になります。

見た目こそ、程遠い感じではありますがさすが柳楽優弥さん。独特なサイコパスな雰囲気がかなり出ており、「これはこれでアリかも…」と思ってしまうほどでした。さすがの演技力です。

個人的に善人なイメージの強い向井理さんガッツリ悪役をやっているのも面白かったですし、セリフはほとんどなかったですが六角精児さんの存在感がやばかったです

原作ファンにはあまりおすすめ出来ない理由は?

1つ1つのシーンを見てみるととても良い部分も多かったですし、見た目が全然違うキャラクターもそれぞれの役者さんの演技力でカバー出来ていたのでそこまで違和感はなかったです。

しかし、だからこそ原作ファンにとっては「うーん、悪くはないんだけど…なんか微妙だったな…」と感じてしまうと思いますし、何よりも作者:南勝久さんの絵の魅力が好きな人達にとっては映画のキャストの方々がみんな美形すぎて作品の世界観に入りきれないのでは…と感じもしました。

他にもイマイチに感じてしまった点

また、編集のせいと言えば良いんでしょうか…映画の中で何度も何度もファブルが子供の頃の回想シーンが何度も何度も挟まってしまいそのせいでテンポを悪くしていたと感じました。

それこそ、冒頭を回想シーンからはじめて○年後…という感じにしちゃってよかったのでは…

作品最後の工場での見せ場のシーンについてもヤクザの数が無駄に多すぎて何が起こっているのかちょっとわかりにくかったのも個人的な残念なポイントでした。

映画『ザ・ファブル』感想まとめ

  • 岡田准一さんのアクションが素晴らしい
  • 柳楽優弥さんの演技力に脱帽。原作とは違う意味で怖い人になっていて良かった
  • 原作漫画の『絵』に魅力を特に感じている人にはコレジャナイと感じてしまうかも…
  • 1つ1つで観ると良いシーンも多いがテンポが悪い場面も目立つ

映画のストーリー自体はとてもシンプルなので複雑ということはありません。

コメディの部分が人によって合う合わないはどうしても強いと思いますが、笑かしにきているシーンは多々あったので本作は「アクション・コメディ映画」という分類だと私は感じました。

岡田准一さんのアクション、柳楽優弥さんの演技は本当に素晴らしかったですよ~!

タイトルとURLをコピーしました