動画配信サービス・マンガアプリの詳細はこちら

『劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』ネタバレ感想&レビュー!さあ光の戦士たちよ、家族の元へ。

この記事は約8分で読めます。
スポンサーリンク

元ネタブログだったんですね…知りませんでした…

Twitterのフォロワーさんが「良い」「感動した」「面白かった」とおっしゃっていたので観に行ってみましたが…ものすっっごく感動しました…!!!完全にノーマークでしたね…

スポンサーリンク

劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さんのあらすじ

「この人が死んだ時、僕は泣いたりするんだろうか」

── 父親の背中を見ながら、心の中で呟くアキオ(坂口健太郎)。

広告代理店に 勤めるアキオは、ずっと単身赴任中だった父の暁(吉田鋼太郎)のことを何も知らない。そもそもアキオが子供の頃から、典型的な仕事人間の父はいつも出張ばかりだった。

たまに家にいる時も、ムスッと押し黙ってテレビを睨んでいる。そんな父が、突然会社を辞めて、家へ戻って来た。何があったのか一切語らない父に、母の由紀子(財前直見)も妹の美樹(山本舞香)も困惑するばかり。

父のことが知りたい、そう思ったアキオは、ある計画を閃く。すっかり忘れていたが、父と遊んだ思い出が一つだけあった。かつてゲーム「ファイナルファンタジーIII」で一緒に戦ったのだ。

アキオは今自分がプレイしているオンラインゲーム「ファイナルファンタジーXIV」に 父を誘い、正体を隠して共に冒険へ出ようと考える。アキオは顔も本名も知らないからこそ、本音で語り合えるゲーム仲間たちに協力を依頼する。

さっそく、退職祝いの名目で、父にゲームソフトをプレゼントするアキオ。父は自分の“光の戦士”に、“インディ・ジョーンズ”と名付けてゲームを始める。父に気付かれないように、自室のパソコンから参加するアキオの名前は“マイディー”だ。

数日後、思い切って“インディ”にフレンド申請してからは、父のもう一つの顔に驚くばかりのアキオだった。最初こそ、言葉づかいも 硬かったが、仲間と共に戦ううちに、「一人で冒険するより皆さんと一緒の方がずっと楽しいです! 」と、オンラインゲームの素晴らしさに目覚めたのだ。

そんな中、先輩の吉井(佐藤隆太)と重大なコンペに参加することになり、アキオを慕う同僚の里美(佐久間由衣)が心配するほど、 急に仕事が忙しくなるアキオ。ある夜、久々にログインすると、父はすっかりこの世界を楽しみ、アキオが「これ、本当に父さんだよな?」 と呆然とするほどはしゃいでいた。

協力して強敵を倒し、また一歩心の距離が縮まった“インディ”に、“マイディー”は仕事で悩んでいることを打ち明ける。すると“インディ”は、自分の経験から的確なアドバイスをくれる。その言葉を活かしたアキオは、見事仕事を 獲得するのだった。

仲間たちと、さらに胸躍る冒険へと突き進む父とアキオ。「もっと、感動したいです」とコメントする“インディ”に、“マイディー”は 最強の敵への挑戦を持ちかける。アキオはこの勝負に勝ったら、自分の正体を明かすと決めていた。だが、約束の金曜日の21時、思いもかけない出来事が二人を待ち受けていた──。

劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さんのキャスト・スタッフ

キャスト

岩本アキオ
坂口健太郎

岩本暁
吉田鋼太郎

井出里美
佐久間由衣

岩本美樹
山本舞香

賢介
前原滉

片岡
今泉佑唯

野々村はなの

中島秀隆
和田正人

三原健一郎
山田純大

吉井晋太郎
佐藤隆太

岩本由紀子
財前直見

マイディー(声)
南條愛乃

あるちゃん(声)
寿美菜子

きりんちゃん(声)
悠木碧

スタッフ

監督
野口照夫(実写パート)
山本清史(ゲームパート)

原作
マイディー

脚本
吹原幸太

製作総指揮
久保忠佳

製作
依田巽
宮田昌広

チーフプロデューサー
吉田直樹

撮影
安田光

照明
中川のどか

録音
弥栄裕樹

美術
愛甲悦子

装飾
山本直樹

音楽
森英治

主題歌
GLAY(COLORS)

予告映像

【公式】『劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』6.21(金)公開/本予告

DVD/Blue-ray/配信情報

ファイナルファンタジー XIV 光のお父さん(ドラマ版)

Amazon | ファイナルファンタジー XIV 光のお父さん Blu-ray BOX (豪華版) -TVドラマ
千葉雄大, 大杉漣, 馬場ふみか, 袴田吉彦, 長谷川初範, 石野真子 海外TVドラマ、日本のTVドラマのDVD・Blu-rayをオンライン通販アマゾンで予約・購入。

ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん 単行本

劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さんのネタバレありの感想

ファイナルファンタジーXIV 光のお父さんは【家族】の物語

テレビドラマも原作のブログの存在も知らなかったので最初は「お父さんとゲームをするお話なのかな」くらいな本当にざっくりと、ゲーム要素の部分が強いストーリーだと思っていたんですけど、本作はゲームを通して深まる家族の物語でした。

登場する場所が基本的には「自宅」「会社」「ゲームの中」の3パターンなのでここだけ見ると父親と息子しか出てこないでしょ~と思われるかもしれませんが、父親がゲームを通して変わっていくことによって、新しい価値観が生まれ、娘さんの結婚話など今までは受け入れられなかった物事を受け入れられるようになっていく物語だと感じました。

終始「泣かせてやる!」という感じではなくあくまで自然体な流れで涙が出てきました。実話が元になっているから、というのもあるかもしれませんが、そういった部分の構成も非常に良かったです。

マイナスなイメージの強いゲームをコミュニケーションのツールとして扱った作品である

ゲームや漫画、アニメは近年になってもまだまだ偏見の目が強いです。

犯罪が起きれば容疑者の部屋にこんなゲームがあった、こんな漫画があった、こんなフィギュアがあったと報道され、悪役にされることも多々あります。

しかし、本作はゲームを通してコミュニケーションの輪を広げていくこと、新しい考えに触れ、自身の悩みを解決していく描写があります。ゲームもうまく使えばぎこちない家族を円満にする可能性も持っている。沢山ある手段のうちの1つとして使えるんだよ、と教えてくれます。

ゲームや漫画、アニメが好きな一人のオタクとしてはそういった意味でも本作を観てがよかったと感じました。

ファイナルファンタジーがわからなくても物語はわかる!

本作は「ファイナルファンタジー14」というオンラインゲームが物語にとって大切なツールになっていますが、専門用語など難しい単語や用語はほとんど出てきません

あくまでもゲーム初心者のお父さんがよくわからないけど楽しくゲームをやっている。くらいなイメージでもOKなくらいゲーム初心者、ファイナルファンタジー未経験者でも問題ありません。

実際に、私自身がファイナルファンタジーはどのシリーズもやったことがなかったので…(ドラクエはあります)

むしろお父さんが教わること=視聴者も教わるという感じなので初心者の方がお父さんと同じ気持ちになれるかもしれませんし、経験者は息子の気持ちでニヤニヤできるかもしれません。

役者陣の演技が素晴らしい

昭和の父親のイメージを具現化した無口で頑固な父親という役を吉田鋼太郎さんがやるのは本当にハマり役ですね。ただ頑固なだけでなくコミカルなシーンもしっかり演じられること、クシャッとした笑顔が可愛いのが本当に最高でした。

吉田鋼太郎さんご自身はファイナルファンタジーを1~15まで網羅しているゲーマーみたいですが、初心者の演技もうまかったです。

そして、ちょっと頼りないけど優しい息子を坂口健太郎さんが演じる。本当に良い親子関係だなと感じさせてくれました。

岩本一家の微妙な距離感、の演技はものすごくリアルで本当の家族より家族していたと思います。

劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さんの感想まとめ

  • ファイナルファンタジーXIV 光のお父さんは家族の物語
  • ゲームはコミュニケーションツールになれる
  • コミカルだけど最後はしっかり感動させる構成が素晴らしい
  • 役者さんの演技も最高に良い
  • ゲーム初心者でも大丈夫な内容!

映画観終わったあとにファイナルファンタジー買って帰ろうかな?と思えたくらい良い作品でした。

公開している劇場がかなり少ないですが、もしご自宅の近くの劇場でやっているようでしたら観に行ってみてください!!

タイトルとURLをコピーしました